一心 リーダー育成 講演 セミナー リーダーシップ 次世代 リーダー

中道塾 ど真ん中を生きる

中道塾は、皆さんと共に創る塾であり、皆さんと共に歩む塾です。長らくお伝えしたいと思っていた仏教の智慧が、2018年に開催した3つの塾を通してようやく形になりました。 これまでお話ししてきた内容をはるかに超えるものです。みなさんの人生に仏教の珠玉の智慧を加えていただく、ただそれだけで、人生が今までとまるで違うものになるはずです。

中道塾のご案内

千田利幸 中道塾

はじめに
2019年、新たに開講した「中道塾」。
 
皆さんと共に創る塾であり、
皆さんと共に歩む塾です。
 
2007年に東京にたった一人で立ち、
様々なことを学び、沢山の方に
自分の感じていることをお伝えしてきました。
 
そして、ずっとずっといつかはお伝えしたいと思っていた仏教の智慧。
2018年に開催した3つの塾を通して、やっとひとつの形になった2019年の「ど真ん中を生きる」。
さらに、2020年、満を持して皆さんにお届けする
中道塾 ~他力道~「今ここという永遠を生きる」
 
今までお話ししてきたお話をはるかに超えた内容です。
みなさんの人生に仏教の珠玉の智慧を加えていただく、
ただそれだけで、人生が今までとまるで違うものになるはずです。

千田利幸 中道塾 ~他力道~「今ここという永遠を生きる」

他力道
2020年の新たなビジョンを描きました。
 
仏教の智慧という壮大な世界観で生きる次元を変える。」
 
「東洋と西洋、宗派を超える世界観を確立する。」
 
「真の人の道を学び実践するリーダーの輪を広げる。
 
この3つのビジョンから生まれた2020年の新たな塾は
「中道塾~他力道~」
テーマは「今ここという永遠を生きる。」

中道とは、人生をより良く生きるための「人の道」です。
2500年という遠き古(いにしえ)より伝わってきた正しい道です。

八正道、菩薩道とも言われてきたものです。

人は、日々起きる出来事に一喜一憂し、人の言葉に惑い、生きることに苦しみ葛藤します。

迷いながらも、誰もが一生懸命に生きています。
一生懸命に生きても苦しみや葛藤が消えないのはなぜでしょう?

何かに「執着」しながら一生懸命だからです。

執着するというのは、我がものにしたい、思い通りにしたいという心です。
しかし、すべての対象は自分の思い通りにはなりません。

「思い通りにならない世界」に居ながら、思い通りにしようとするから苦しみが生まれるのです。

執着は、争いや憎しみ、嫉妬、恨みという心を立ち上げます。
意思に関係なく自動的に立ち上がります。
その立ち上がった心に惑わされて不本意な言動、振る舞いをしてしまう。

その行いがさらに心を曇らせていきます。

縁起

この世のすべての現象は、様々な縁によって生まれています。
それを「縁起」と言います。

縁起は、宇宙の真理です。

人生をより良く生きるためには、
縁起という真理に目覚めて、執着しないことが肝要です。

一切衆生悉有仏性(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)」

仏教では、すべての人の内側には仏性が宿っていると説かれています。
仏性とは、慈悲というエネルギーのことです。

慈悲とは、すべてを受容する心。
慈悲につながって生きること、それこそが真の人の道です。

内側にある純粋なもの(慈悲心)に気づき、そこに自らを委ねる。

それを「他力」と言います。

大いなる存在を信頼し委ねていく。

中道塾では、その他力の真髄をお伝えします。

他力の真髄

他力の道は、勝ち負けを超えています。
損得も超え、正解か間違いかも超えていく。

超えるというのは、囚われないということです。」

生死をも超えていく智慧です。

苦しみというのは、成功していないことやお金がないことで生まれているのではありません。
囚われること、すなわち執着することで生まれています。

その日々生まれる苦悩を叩き潰すことも、
そこから逃げることも真の解決にはなりません。

真の解決に必要なものは…

智慧に触れることと他力の実践です。

他力と聞くと、人任せのような主体性のない生き方に感じるかもしれません。
それは、智慧につながるということを知らないためです。

智慧につながらないで委ねてしまうと、「他人任せ」「運任せ」という世界が生まれます。
それは他力の道ではありません。

では、自力とはどんな生き方でしょう。

自分の力だけでなんとかしようとする生き方です。
自分のもの、自分がやった、自分の功績、いつも自分、自分、自分…
果てには、自分さえよかったらいいという心を生み出します。

智慧なき者は、我のもの、我の利だと主張し続けます。
それを「我利我利亡者(がりがりもうじゃ)と言います。

自分の成した功績、我が財産だと主張し、
勝った!負けた!得した!損した!と大騒ぎしている世界
です。

自分のものだと執着する心になると、真実は見えなくなります。

その姿を「無明」と言います。
無明とは闇です。

闇を破ることができるのは、宇宙広しといえど「光」だけです。

その光こそが「智慧」です。
智慧に触れる場こそ、この中道塾です。

宇宙の真理のことを仏教で「法(ほう)」と呼びます。
法とは無限の智慧であり、無限の慈悲のことです。

智慧と慈悲はふたつでひとつ。

智慧とつながることは、慈悲とつながることです。

「月影の至らぬ里はなけれども、眺る人の心にぞ住む。」

浄土宗ご開祖法然上人のお歌です。

人は月を向こう側に見て美しさを追い求めていくものです。
しかし、真に美しく輝く月は己の心の中にあります。

真理は外側に求めるものではなく、内側に求めるものです。

まさに、
「音なき音を聴き、形なき形を観る。」です。

聖徳太子は、
世間虚仮 唯仏是真(せけんこけ ゆいぶつぜしん)」と言われました。

外側にあるものは仮のもので虚しく空虚であると言われたのです。
だから形あるものを追い求めても、そこに真の安らぎも幸せもないのです。
あるのは執着という名の煩悩、苦しみです。

そして、ただ仏のみ真実であると言われました。
仏とは、お寺にある仏像のことではありません。
また、神のような創造主のことでもありません。

仏とは、仏性。
すべての人の内側に等しくある「光」のことです。

どんなに成功や名誉、お金を積み上げたところで苦悩から逃れることはできません。
財産や名誉を積み上げた先にあるものは、あくなき執着心と
そこから崩れ落ちてしまうかも知れないという怖れです。

中道は、永遠に古くて永遠に新しい変わることのない真理です。
その道は、真理を体現する「人の道」です。

転法輪経という経典に説かれています。

「涅槃へ行くには二つの偏った道を避けねばならない。
一つは快楽に浸る道、もう一つは苦行に没頭する道である。
この苦楽の二辺を離れた中道こそ涅槃に至る道である。

中道を歩み始めると、生きる次元が変わっていきます。

中道を実践することで、人生の拡張プロセスが始まります。
新たな出逢い、チャンス、協力が得られるようになるかもしれません。
大きな課題に巡り合い、困難を乗り越えるような試練を受けるかもしれません。

中道は、人生を転ずる力を持っています。

中道の実践をすることで、「慈悲」というエネルギーが通うようになります。

私たちの心にある苦しみや悲しみ、痛みを慈悲で包み込むことができれば、
そこに真の自分が立ち上がります。

真の自分とは、いつも感じている自分とは次元が異なります。
大いなる存在とつながっている自分です。

その自分は、あなたの価値、あなたの進むべき道を教えてくれます。

仏教界の偉人である空海さん、最澄さん、空也さん、法然さん、
親鸞さん、日蓮さん、道元さん、西行さん…
どなたもが歩まれてきた道です。

この社会を生きていれば、迷うことや苦しみ、葛藤ばかりかもしれません。
どんなに学んで実践したところで、迷いは消えないと言われるかもしれません。

でも、あえて言います。

「安心して迷える道をゆく。」

苦悩や葛藤をしながらも、安心の心持ちでいられる境地です。
安心とは、智慧と慈悲という真理につながっている状態で生まれます。

日常の出来事に落ち込んでも家の灯りを見たらほっとする…
そんな感覚かもしれません。

悲しさも、切なさも、憤りも、怒りも、愚かさも、理不尽さも
「慈悲」の心で受け取っていく。
そして「真理」とつながりながら、たったひとつのあなたの「道」をゆく。

「道多けれど、歩むべき道はただ一つ。」

他力道とは、大いなるもの(智慧と慈悲)に委ねていく人の道です。
ど真ん中にある「たったひとつの己の道」を堂々と歩んでゆく。

そのための中道塾です。
遭い難い(あいがたい)真理に出逢う塾です。

詩人グレークの言葉にあります。

「刹那に永遠をつかむ。」

刹那とは一瞬中の一瞬です。

今という一瞬に過去のすべてを背負っています。
今という一瞬に未来のすべてをはらんでいます。

今という一瞬にすべての過去とすべての未来があるのです。
ということは、今という一瞬を生きることは永遠を生きることになります。

「あるようでなく、ないようである、今という一瞬。」

その二度とやってこない再現不能の今ここを精一杯に生きること。
それが、永遠を生きるということになるのです。

「今ここという永遠を生きる。」

中道塾には、その智慧があります。

お申し込み

中道塾 他力道 開催情報

講座の概要:「中道塾 他力道」・「はじまりの旅」

~ 東京・大阪・京都、香川・岩手・鳥取 ~

講義は、毎講3時間。
宇宙の真理である縁起の道理、四諦八正道 を中心にきらめく真理の言葉をお伝えします。
真理の経典「般若心境」他力の真髄「大無量寿経」など経典の説法をさせていただきます。

と言っても難しいことはありません。
仏教で説かれた智慧をわかりやすく、面白く、興味を持っていただけるようにお伝えします。
毎講、瞑想から始まり、瞑想で終わります。

東京日曜、東京平日、大阪日曜、京都平日、各8講ずつ開催で全32講になります。
どの日程のどの会場に参加されてもOKです。
もちろん32講すべてのご参加も大歓迎です^^
32講すべてにテーマと問いがあり、それぞれが完結しています。

そして、講義だけでなく旅があります。
旅はとっておきの場所へゆきます。
旅をするのは、そこに魂を磨く鍵があるからです。

偉人・聖人と呼ばれた方々は、その時代の中で枠を超えた旅をされています。
かの三蔵法師は、国禁を破り単身で天竺インドへと向かわれました。
日本に真の仏教を伝えんがために、
5度の航海失敗をものともせず渡航された鑑真和上しかりです。
その旅たるや、まさに命がけです。

旅をする重要性は、現代においても同様であります。

「可愛い子には旅をさせよ」という旅です。
「旅は道連れ世は情け」という旅です。

そして、私たちの魂は「輪廻転生」という永遠の旅をしています。    

「月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也。」
(つきひはひゃくたいのかかくにして、ゆきかうとしもまたたびびとなり)   

これは、奥の細道の冒頭の句です。

月日というものは永遠に旅をしている旅人のようなものである。
来ては過ぎ去る年もまた旅人のようなものであると。
この魂は、旅をしています。

「輪廻転生という永遠の苦難の旅に終止符を打つのが、中道の目指す境地であります。」  

私たちの心が穏やかでいることで世界が輝くことを実感する中道の旅です。
共に智慧に触れ、中道を実践し、心を磨き、魂の旅をしましょう。 

ご一緒できることを心より楽しみにしています。

千田利幸

説法 千田利幸
参加費 参加費:385,000円(税込)
全32講&3旅合計の参加費となります。
※旅の交通費、宿泊費、食費は各自ご負担となります。
 
特別価格:298,000円(税込)
(12月31日までにお申し込みの方に限り)
 
なお、千田利幸オンラインサロン会員の方も特別価格になります。備考欄にその旨をご記入ください。 この機会にオンラインサロンにご参加いただけますと特別価格が適用されます。
オンラインサロンはこちらから↓ぜひ!
http://www.isshin18.jp/online/index.html
 
分割支払い可です。
最終支払い期限2020年12月31日までならお支払い回数は問いません。
お支払い回数、金額などお気軽にご相談ください。
備考 地区を分けての開催となっていますが、どの会場にお越しくださっても構いません。 つまり、8講の4箇所ですから32講の講義にご参加いただけます。
 
全講義Facebook上でのLive配信をします。
32講義すべて録画をしますので、ご参加いただけない回の講義をいつでもご視聴することが可能です。
YouTubeでの配信も検討しています。
中道塾のお申し込み http://isshin.cart.fc2.com/ca2/16/p-r-s/

お申し込み

日程:中道塾@東京(全8講)
日程 第1講:3月15日(日)14時~17時
第2講:4月5日(日)14時~17時
第3講:5月10日(日)14時~17時
第4講:6月14日(日)14時~17時
第5講:7月19日(日)14時~17時
第6講:8月23日(日)14時~17時
第7講:9月13日(日)14時~17時
第8講:10月18日(日)14時~17時
会場 東京会場:銀座てらす
東京都中央区銀座1-20-11銀座120ビル4F

日程:中道塾 @ 東京平日(全8講)
日程 第1講:3月16日(月)18時~21時
第2講:4月6日(月)18時~21時
第3講:5月11日(月)18時~21時
第4講:6月15日(月)18時~21時
第5講:7月20日(月)18時~21時
第6講:8月24日(月)18時~21時
第7講:9月14日(月)18時~21時
第8講:10月19日(月)18時~21時
会場 東京会場:銀座てらす
東京都中央区銀座1-20-11銀座120ビル4F

日程:中道塾 @ 大阪(全8講)
日程 第1講:3月8日(日)14時~17時
第2講:4月26日(日)14時~17時
第3講:5月24日(日)14時~17時
第4講:6月28日(日)14時~17時
第5講:7月26日(日)14時~17時
第6講:8月30日(日)14時~17時
第7講:9月27日(日)14時~17時
第8講:10月25日(日)14時~17時
会場 大阪会場:たにぐちクリニック2F
大阪市旭区森小路2-3-27サンハイツ201号

日程:中道塾 @ 京都平日(全8講)
日程 第1講:3月9日(月)18時30分~21時30分
第2講:4月27日(月)18時30分~21時30分
第3講:5月25日(月)18時30分~21時30分
第4講:6月29日(月)18時30分~21時30分
第5講:7月27日(月)18時30分~21時30分
第6講:8月31日(月)18時30分~21時30分
第7講:9月28日(月)18時30分~21時30分
第8講:10月26日(月)18時30分~21時30分
会場 京都会場:株式会社ビジネスプラスサポート内
京都市中京区御池通東洞院西入る笹屋町435
京都御池第一生命ビル2階 

旅日程:はじまりの旅(香川・弥谷寺)
日程 はじまりの旅(香川・弥谷寺)2月10日(月)~11日(祝)
本堂までの540段の道のりをゆきます。
https://www.88shikokuhenro.jp/71iyadaniji/

旅日程:あわいの旅(岩手・毛越寺)
日程 あわいの旅(岩手・毛越寺)7月23日(祝)~24日(祝)
日本有数の浄土庭園をゆきます。
https://www.motsuji.or.jp

旅日程:つながりの旅(鳥取・三佛寺)
日程 つながりの旅(鳥取・三佛寺)11月22日(日)~23日(祝)
日本で最も危険な国宝をゆきます。
https://www.mitokusan.jp

説法師:千田利幸

千田利幸 プロフィール
株式会社一心 代表取締役

1964年3月11日 岐阜県多治見市生まれ在住。中道塾主宰。
 
19歳の時に「人が生まれてきた意味」を探求するため、放浪の旅に出る。 大学卒業後、職を転々とし30歳で起業するも3年後の1997年負債1億円を抱えて破産寸前になり会社廃業。 再起業し10年後借金完済間近で再び無職に。無収入が5ヶ月続く中「人を元気にする」を信条として再び起業(6社目)する。その再起業から8年後の2016年借金1億円完済。 1億円借金完済の経験からお金の悩みを解決するサポート、中小企業の資金繰りのコンサルティングをする。
 
仏教との出逢いによって、すべての人の心の奥に仏性(光)があることを確信する。2018年から仏教の真髄を伝える中道塾を主宰。 説法師として各地で説法会を開催し、真の人の道、豊かな人生を送る智慧を伝えている。
 
また、25カ国を旅してきた経験から旅を通じて学ぶラーニング・ジャーニーの企画・運営をしている。 北欧、カンボジア、アメリカ、シャスタ、フィリピン、ウガンダ、タイ、インド、ジープ島、シキホール島、カープ島、カオハガン島、屋久島、小値賀島、壱岐島、久高島などを歴訪するラーニング・ジャーニーを続けている。
 
生きてきた体験を発信するオンラインサロン開講中 https://bit.ly/2JiHyyC

~ 中道塾へのお申し込みは下記リンクから ~

お申し込み